ランキング参加中です。いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村

2010年03月22日

今(アトピー)の状態を先生が見たら

きっと先生はこういうだろうな。

「何してるのあなた?」


そして散々お叱りの言葉を受けたあげく、自分に無頓着すぎるだとか責任を持てだとかヒトのせいにするなだとか周りに振り回されるなとか。
そして仕舞にはこう、やることがあるなら「かゆみ」程度で凹んでんじゃないわよ!
との言葉を浴びせかけられるでしょう。


いや、全く持ってその通りだわ。
そもそもこの病状は「気病み」することが多く、原因が分からない理由でやれ食べ物のせいだとか周りの環境のせいだとか、他にアタリがちになってしまう。自分自身のことを顧みることをせずに他のあら探しばかりしてると、本質を見失ってしまうのです。
その環境を招いたのは紛れも無く自分自身で、誰のせいでもない。


そんな状態で、数多く出回ってる民間療法を試すとどうなるか。
これをすれば良くなる、ああすれば良くなる。→そんな保証は何処にも無い。
物事の本質を見抜く目を持っていなければ、どんなに素晴らしい力も生かされる事はない。例えば

http://www.procreo.jp/labo/labo13.html


これはまた別の先生から教えて頂いた事。画像が回ってる訳ではないです。
どちら回りに見えるか? というだけのこと。錯覚です。


右回りに見えるか?
左回りに見えるか?

「あなたが見たい回り方」をします。
厳密には「あなたの脳が見たい方向に回って」見えます。


もし此処で「右回り」だと思い込んでしまうと、右回りでしかなくなってしまうし。
左回りの要素を認識出来なくなる、逆のパターンもしかり。

これは意識の差です。物事に対してどう見えるかは意識が決めているのです。


此処で「ある民間療法」に置き換えてみる。
その療法がどういった経緯でアトピーに良くなるのかはともかく。
実行してみて駄目だった場合、「その療法」はその人にとって嘘になってしまいます。
その人は「ある療法」を悪だと決めつけてしまう。

しかし、原因の多くは自分の認識が間違ってのことだったり。
物事の本質を見極める目がないと、こうやって認識を誤ったまま別の療法でも同じ結果を引き起こしてしまうのです。


「気」の使い方なんてまさにその典型なんだよね。
土台を無視して「宇宙」の力とか引き出せる訳が無い。
思考が宇宙じゃ話になりません。本質を理解することが重要。


posted by アトピー完治 at 12:39 | Comment(0) | 治療方法を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。